熊本県文化協会/文化懇話会/芸術文化振興会/文化協会協力会(公式)

qrcode.png
http://kumageibunshin.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
・熊本県文化協会
・熊本県文化懇話会
・一般財団法人熊本県芸術文化
   振興会
・熊本県文化協会協力会
  〒862-0941
   熊本県熊本市中央区出水2丁目5-1
   県立図書館内
   TEL.096-383-0600
   FAX.096-383-0657
 
 
 

催し物および各種募集等のご案内

催し物および各種募集等のご案内
3
 
第58回熊本県芸術文化祭参加事業募集
2016-06-10
第58回熊本県芸術文化祭参加事業募集!


今年も熊本県芸術文化祭の参加事業を募集しています。
概要については以下のとおりです。

募集対象事業:平成28年9月から12月までに熊本一円で開催される芸術文化的催物
       (オープニングシテージ及び一部の事業は8月)

参加申込締切:平成28年6月23日(木)

お問合せ先:熊本県文化協会 TEL096-383-0600

※詳しくは下記の、開催要項、募集要領、事業申込書等をご覧ください。
 
熊本県文化協会がんばろう特別会計の設置について
2016-05-27
4月14日、16日の熊本地震によって熊本の芸術文化活動は、かってない衝撃をうけました。
多くの皆様の支援によって、芸術文化活動の元気回復につながるように、熊本県文化協会内に支援の受け皿として、口座を設けました。ご協力をお願い申し上げます。
 
「くまもと大邦楽祭2016」について
2016-05-02
今般の「熊本地震」により被災された皆様に
心よりお見舞い申し上げます。
 
平成28年6月5日に開催を予定しておりました
「くまもと大邦楽祭2016」につきましては、
地震の影響により延期いたします。
 
 なお、今後の開催等につきましては、
改めてご案内させていただきます。
 
第57回熊本県芸術文化祭 参加実績報告書について
2016-04-04

平成27年9月から12月まで開催された

「第57回熊本県芸術文化祭」の参加報告書を掲載いたします。

 

熊本県芸術文化祭とは、

各種文化活動団体に発表と参加の機会を広げ、

県民に文化・芸術の鑑賞の場を提供することを通じて、

本県における文化・芸術活動を促進することを目的としています。

 
「くまもと大邦楽祭2016」を開催いたします。
2016-03-17

くまもと大邦楽祭2016

 

1.開催事業名

くまもと大邦楽祭2016

 

2.主催

くまもと大邦楽祭 実行委員会

(熊本市・熊本県文化協会・熊本日日新聞社)

 

3.後援

 文化庁、熊本県、熊本県教育委員会、熊本市教育委員会

NHK熊本放送局、熊本放送、テレビ熊本、熊本県民テレビ、熊本朝日放送

エフエム熊本、熊本シティエフエム

 

4.事業目的

   世界に誇る「邦楽」を継承・発展させるために、全国の才能ある邦楽演奏家を発掘し、育成の契機をつくるとともに、市民の邦楽に対する理解、関心を高め、新しい時代の邦楽の進展に寄与することを目指す。コンクール本選は『箏曲の部』、『尺八・笛音楽の部』、『琵琶楽の部』、『三味線音楽の部』、『三曲等合奏の部』の5つの部門からなる全国コンクールで、一次審査を通過した20人による演奏と本選審査、表彰を行う。また、コンクール本選の後には、邦楽の楽しさ、素晴らしさを理解・体験してもらう参加型フェスティバル形式で「くまもと子ども邦楽祭」を行う。

 

5.実施内容

【実施日】 平成 28 6 5日(日)

【会  場】 熊本市民会館

【第1部:~長谷検校記念~第22回くまもと全国邦楽コンクール】

1000~ 一次審査を通過した箏曲6人、尺八・笛音楽9人、琵琶楽1

三味線音楽3人、三曲等合奏1組、5部門20人・組の審査。
 

【第2部:第2回くまもと子ども邦楽祭】

1500~ 子ども達の発表の機会を設け、邦楽の楽しさ、素晴らしさを理解、体験してもらう参加型のフェスティバル形式。中学生以下を主とする2個人、5団体による演奏会を実施。
 

6.プレイベント

◆箏とフルート春の調べ

4 29 日(金)14001500

場所:熊本市現代美術館 ホームギャラリー

出演:藤川いずみ&早川みゆき

 

◆新緑の奏で

5 28 日(土)14001500

場所:くまもと森都心プラザ2 階フリースペース

出演:釼虚霧洞ほか
 
第26回手でみる造型展を開催しました。
2016-02-15

26回手でみる造型展開催

 

展示作品を手で触ることの出来るユニークな展覧会「第26回手でみる造型展」が平成28226日(火)から131日(日)まで、熊本県立美術館分館で開催され、期間中1,006名の来場があった。

初日の26日には熊本盲学校の児童・生徒等約50人が会場を訪れ、次々と彫刻や陶芸など立体造形美術を手の感触で楽しんだ。中には、ヤギの作品をかかえ笑顔で写真撮影をしている生徒もいた。

鑑賞後、中等部の生徒は「作品に触れることが出来て、とても楽しかった。来年もぜひ来たい」と喜びを述べた。

展示期間中、多方面から見学者が訪れ、熊本市立城東小学校の14年生約150名が見学に訪れじっくり鑑賞した。

出展作品点数は約260点。出品者は、熊本県美術家連盟・熊本県美術協会の協力を得て、主に県内の彫刻家、造形作家、熊本大学教育学部美術科、尚絅大学短期大学部幼児教育学科、熊本県立第二高等学校、阿蘇市立一の宮中学校、熊本市立鹿南中学校、熊本県立盲学校、熊本県立熊本聾学校の児童生徒を中心に展示。

また、熊本県伝統工芸館からは、「たのしい 気持ち ふしぎな 気持ち」をコンセプトに、音が鳴るコップや、木槌で球体をたたいて楽しむ木のおもちゃなどの協力出品があった。

現在巡回展は、212日から228日まで苓北町のふれあいスペース「如水館」で開催。39日から21日まで、宇城市の不知火美術館で開催予定。

 

〔入館者の感想文〕

 

・作品に手を触れることでモノの温度だけでなく、やさしさ、やわらかさなど、作者の顔が目に浮かんでくるようでした。

 

・目をつぶってさわってみると、ちがった見え方をするのがおもしろかったです。

 

・作品に触れることができるというのは、とても新鮮で、あたたかい雰囲気でした。今後もこ の作品展が継続、発展することを期待します。
 
第43回新春かるた会を開催しました
2016-01-13

43回新春かるた会を開催

 

 

平成28111日(月)、びぷれす熊日会館7階の 一般財団法人 熊本公徳会武道場「振武館」にて第43回新春かるた会を開催しました。主催は熊本県文化懇話会、共催が熊本県文化協会、協賛が一般財団法人熊本公徳会。この会は文化懇話会・文化協会会員の相互の親睦を深めるために正月行事として楽しく過ごすことを目的としています。今年は約100名の参加をいただきました。

文化懇話会、文化協会会員及びその家族や知人、友人など、28チームが参加し、3名1組のチーム戦で2試合が行われ、和気あいあいとした雰囲気の中、全日本かるた協会専任読手の楠田倫之氏に読唱いただき、小倉百人一首を楽しみました。

昼食時間には、毎年好評をいただいている「坊主めくり」ゲーム大会を開催。手軽に楽しめるゲームとあって、初参加の大人たちも参加し、子どもたちと一緒になって盛り上がりました。 試合後には、かるた会恒例のお年玉プレゼント抽選会。かるた会の中で一番の盛り上がりをみせるこの抽選会。

当日は、書道部門の兼城先生、洋画・版画部門の東先生、工芸部門は橋元副会長より一作品ごとに解説をいただきました。「この作品は、古代文字です。」、「この作品の作者はデッサンが得意な先生です。」と詳しい解説をいただいた後、当選者を発表しました。抽選で当たった参加者からは「やったー!!」と喜びの声や、ガッツポーズを見せられる参加者もいらっしゃいました。

今年も書道部門、洋画・版画部門、工芸部門の会員の皆様より提供いただいた色紙等をプレゼント。実行委員の方による色紙一枚一枚についての解説もあり、当選者から歓声があがり、和やかな雰囲気でした。
 
第2回くまもと子ども邦楽祭参加者募集
2015-11-05
 
第2回くまもと子ども邦楽祭 募集要項
 
くまもと子ども邦楽祭では、伝統音楽の楽しさ、素晴らしさを理解、体験してもらうため、子どもたちに日頃の練習の成果を披露していただきます。多くの方々に邦楽を身近に感じて頂けるような場を提供し、また子どもたちには伝統音楽の大切さの意識の醸成を図り、邦楽の裾野を広げることを目指しています。
 
1 参加内容
  箏・尺八・笛・三味線・琵琶等邦楽器での演奏についてご応募いただけます。
また、邦楽器を中心とした演奏内容の場合に限り、洋楽器との合奏も可能です。
演奏時間は、団体・グループ8分以内、個人5分以内とします。
 
2 応募資格
熊本県内の中学生以下で構成された団体・グループもしくは個人での演奏を対象とします。
※曲目によっては高校生以上も共演可。ただし出場対象の中学生以下を越えない人数とします。
 
3 応募方法
参加申込書に必要事項を記入し、写真(L版サイズ)を添えて熊本市役所文化振興課へ送付してください。出場料は無料です。「参加申込書」は下記の「参加申込書(個人・団体用)」、もしくは、くまもと全国邦楽コンクールホームページ(http://www.kumahou.com/)よりダウンロードするか、切手を貼った返信用封筒を同封の上、熊本市役所文化振興課に請求してください。
4 応募締切
平成27年12月28日(月) 必着
 
5 出場者発表
応募者多数の場合は全ての団体にご参加いただけないことがありますのでご了承下さい。
なお、出場につきましては1月下旬(予定)に代表者宛通知します。
 
6 演奏日
平成28年6月5日(日)、熊本市民会館(入場無料)にて、応募曲と同じ曲の演奏をお願いします。
 
7 主催
   くまもと大邦楽祭実行委員会(熊本市、熊本県文化協会、熊本日日新聞社)
 
8 後援(予定)
 
第43回新春かるた会について
2015-10-29

平成271030

 

熊本県文化懇話会会員の皆さまへ

 

熊本県文化懇話会

                                                                                         代表世話人    

                         吉  良治

43回新春かるた会

     橋元  俊樹

 

「第43回新春かるた会」の開催について(ご案内)

 

時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

  さて、毎年恒例となりました正月の楽しい行事として催しております「新春かるた会」は第43回を迎え、びぷれす熊日会館7階 一般財団法人熊本公徳会武道場「振武館」で平成28111()に開催いたします。

「振武館」は、中心市街地・通町にあり、交通の便も良く、広々とした武道場は、暖房、更衣室、トイレも完備してあり、暖かい会場で開催することができます。

この会は懇話会会員・文化協会会員の相互の親睦を深め、正月行事として楽しく過ごすことを目的としています。

また、参加される方だけではなく、見学のみでも結構です。会場にお越しいただき、華やかな楽しい雰囲気を味わっていただけましたら幸いです。

友人・知人・ご家族等お誘いあわせのうえ、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

別添申込書により平成271221()まで参加費を添えてお申し込みください。

また、電子メールでお申込の際は、申込書の内容(レイアウトに関係なく箇条書きでも構いません)を送信して下さい。

皆様のご参加をお待ちしております。
 
長谷検校記念第22回くまもと全国邦楽コンクール参加者募集
2015-10-02

~長谷検校記念~

22回くまもと全国邦楽コンクール 参加者募集

 

地歌三絃界に不世出の名人と言われた長谷幸輝大検校を記念して創設された「くまもと全国邦楽コンクール」は、わが国が世界に誇る「邦楽」の継承と発展を目的としたコンクールです。全国の才能ある邦楽演奏家の発掘・育成の契機をつくり、新しい時代の邦楽の進展に寄与することを目指しています。

 

1 コンクール部門

  (1)箏曲の部

  (2)尺八 ・ 笛音楽の部

  (3)琵琶楽の部

  (4)三味線音楽の部

  (5)三曲等合奏の部 (原則として5名以内)

  (1)~(4)までは、独奏での応募になります。この場合、助演者を加えることが出来ますが、応募者本人のみを審査対象とします。()三曲等合奏の部での応募は、三曲合奏をはじめ、()()の楽器を中心とした伝統楽器による合奏、単一楽器の複数による演奏を対象とします。

 

2 応募資格

年齢、国籍、プロ・アマチュアを問わず、将来邦楽の道を進む意思を持った方。

 

3 応募方法

参加申込書に必要事項を記入し、参加料(5,000円の郵便定額小為替)及び4分以内の演奏を録音したMDまたは音楽CD(データCD不可)同封して事務局へ送付してください。すべての部門において2名以上で演奏の場合は、応募者の演奏箇所、省略箇所を明示した楽譜を提出してください(コピー譜不可)。

録音モードは、必ず標準モードとし(LPモード不可)、録音状態を確認して応募してください。状態が悪いものは、審査の対象外となることがあります。

「参加申込書」はくまもと全国邦楽コンクールホームページ(http://www.kumahou.com/)よりダウンロードするか、切手を貼った返信用封筒を同封の上、事務局にご請求ください。なお、応募テープ、楽譜等は返却いたしませんのであらかじめご了承ください。

 

4 応募締切

平成28115日(金) 必着

 

5 本選出場者発表

予選審査のうえ、本選出場者を決定し、3月下旬(予定)に本人宛通知。

 

 

 

6 本選

平成2865日(日)、熊本市民会館にて箏曲、尺八・笛音楽、琵琶楽、三味線音楽、三曲等合奏の部門ごとに演奏を実施。演奏は5分以内で、予選と同じ曲とします。

 

7 審査員(予定)

山川 直治    (日本音楽研究家(元国立劇場主席芸能調査役))

藤本 草       (公益財団法人日本伝統文化振興財団会長)

薦田 治子     (武蔵野音楽大学教授)

野川 美穂子  (邦楽研究家、東京藝術大学講師)

出田 敬三    (作曲家・指揮者、平成音楽大学学長・教授)

8 表彰

最優秀賞・文部科学大臣賞(申請予定)  50万円  1名または団体

優秀賞                        20万円  3名または団体

奨励賞                        10万円  4名または団体

※ 合奏の部の応募者が入賞された場合、表彰状はグループ名・代表者名を記した一枚になります。

 

9 主催

   くまもと大邦楽祭実行委員会

   (熊本市、熊本県文化協会、熊本日日新聞社)

 

0 後援(予定)

   文化庁、熊本県、熊本県教育委員会、熊本市教育委員会、NHK熊本放送局、熊本放送、テレビ熊本、くまもと県民テレビ、熊本朝日放送、エフエム熊本、FM791

 

1 問い合わせ・申し込み先

   くまもと大邦楽祭実行委員会事務局

862-0941  熊本市中央区出水2-5-1 

熊本県立図書館内 熊本県文化協会気付

TEL 096-383-0600  FAX 096-383-0657(火曜、土曜・日曜・祝祭日休み)

ホームページアドレス http://www.kumahou.com/

 

20回を節目とし、日本の伝統音楽である邦楽をさらに継承・発展させるとともに、邦楽の振興を図ることを目的に、実行委員会名称が『くまもと大邦楽祭実行委員会』へと変更になりました~

 

~コンクール関連の情報を発信する『くまもと全国邦楽コンクールfacebook』へ皆様の「いいね!」をお待ちしております~

3
   
   
熊本県文化協会は、個人を単位に組織された熊本県文化懇話会を母体に昭和45年11月9日に設立され、熊本県内の文化関係の諸団体ならびに諸機関等の相互の連絡調整を図り、熊本の文化の育成発展に寄与することを目的に様々な事業を展開しています。加盟団体は、熊本県内の民間文化団体及び市町村文化協会を中心に現在279の団体が加盟しています。